新車購入の事前準備には何が必要?

新車購入のために準備しておくべきこととは?

新車購入といえどもひとつの買い物であるわけですから、事前準備はしておくに越したことはないといえるでしょう。

特別に新車購入の商談前に何か用意しなければいけないというわけではないのですが、何の準備もなしでいきなりディーラーに出向いて新車を購入しようとしても、なかなかいい新車購入に結びつかないというのは事実です。そこで新車購入については事前準備をしていくことをおススメするわけですが、そのメインとなるのはやはりその新車についての「情報収集」だといえるでしょう。

どの車種を購入するかなどという事については各販売会社のホームページなどでできますが、実際の新車購入の交渉で必要となるような販売情報についてのリサーチとなると、やはり多少の苦労は必要となってきます。まずは週末になるとよく入ってくるディーラーの折り込みチラシをチェックして、今現在どのような新車が特別価格で購入できるのか、また購入に関しどのようなキャンペーンが展開されているかといったことを把握しておきましょう。

そして忘れてはいけないことは、隣同士やご近所づきあいなどといったネットワークを駆使し、た地元密着型の情報です。全く同じ新車を購入する場合であっても「あっちの店舗の方が値引きが大きい」だとか「あっちのお店の営業マンは親切」などといった、リアルな情報を手に入れられる場合もありますので、新車をお得に購入するためにぜひとも活用していただければと思います。

ここまでをまとめますと、まずはインターネットを活用することで購入希望の新車の絞り込みを行い、折り込みチラシは絶対に確認するように気をつけるということ。さらにはご近所ネットワークなどからも積極的に購入のための情報を仕入れることが、お得な新車購入のための近道となります。

新車の予約注文ってオトクなの?

ここ最近は正式に発売になる前からティザーキャンペーン(会社名・ブランド名・価格等を最初は伏せておき、徐々に全貌を明らかにする、もしくはある時点で一挙にベールをはずすといった手法)を展開する車種が多くなっています。なので正式発売直後よりは予約受注段階でオプションサービスや下取り査定額の上乗せなどといった特別キャンペーンを活用できるケースが増えています。

とはいっても、基本的には車両本体値引きが厳しい状態であることもまた事実です。つまりは「予約の割にはお買い得」といった程度のものなので、実際にオトクなのかどうかという部分は個々の判断となります。

新車のグレードはどれを選んだらいい?

基本的なことを言うと自分の欲しい装備が備わっていればそれでいいと思いますが、ただ将来的に下取りや買い取りに出すことまで考えるなら、グレードは高いに越したことはないといえるでしょう。やはり中古車マーケットでは同じ年式の同型車だった場合、一般的には上級グレードの方が人気が高くなっているからです。なので、お買い得なグレードで新車の商談を進めていき、値引きの様子を見ながらもし可能であればグレードアップしていくことがおススメとなります。