新車の見積りはどうやったら安くなるの?知っておきたい3つのポイント

新車の見積りを安くするために重要なポイントとは?

新車の見積り額を安くするためにぜひ覚えておきたいことをコチラでご紹介していきます。

まずは、「チラシに載っていた特別価格の新車の見積り額」についてです。

たとえば「コチラの新車はカーナビがついて○○万円オトク!」などとチラシに載っているのを見ると「これはお買い得!見積もりも期待できそう」などと思ってしまいがちです。しかしよくみてみると、新車購入の情報誌などで紹介されている目標値引き額より低い値引き額となっており、カーナビなどの特別装備分が相殺されてしまっているといったケースがほとんどです。これでは見積りについても期待はできそうに無いですね。 ディーラー側としてもこのような新車に関しては「客寄せパンダ」的に載せているものとなっていますので、やはり実際の商談での見積りにはそれほどお得感はないといえるでしょう。

次に「在庫車」についてです。

新車というのは我々エンドユーザーに見積りを出し受注した段階で、メーカーに対し製造のオーダーをかけるのが原則となっています。ですが、それだと新車の納車に時間がかかってしまいますので、ディーラー側が見積もり→契約という手順を待たずに、見積りの段階で見込み発注をして自社にストックしておく車のことを在庫車と呼ぶのです。

在庫車は売れ残りということではなく新車であることは間違いないのですが、本当に売れ残っては困りますので見積りの方も結構お得になる可能性が高いです。また少し違いますが、未使用中古車というものもあって、こちらはディーラーが自社の販売実績確保のために新車を自社名義で登録、その後流通させるというものです。面倒な値引き交渉をしなくても初めからオトクな価格設定になっていたり、納車も若干早くなるといったメリットがありますので、ぜひ見積りを出してもらいましょう。ただし、お店によって諸費用が異なってくる場合がありますので、見積りについても慎重に確認することは必要となってきます。

また、新車の見積額アップのために忘れてはならないのが「下取り査定」です。

最近の新車というのは車両本体価格からの値引き余力というのはとても少なくなってきているようです。なので営業マンも新車の見積りを出す際は、あまり駆け引きをせずに、初めからいきなり限界に近い条件を出してくることが多くなってきています。これはつまり、どれだけ粘ったとしても、見積り金額はそれほど良くならないということに他なりません。そのようなときに重要となってくるのが下取り査定額で、この金額を見積り金額から引いた価格が実質の購入価格となるのです。

ただしディーラーの下取りというのは、専門店による買い取りが再販目的であるのに対し、あくまでも新車購入のサポート的意味合いが大きいものとなっていますので、その金額はあまり大きくはないでしょう。新車の見積りを実質的にお得にしたいのであれば、今まで乗っていた車に関してはディーラーの下取りではなく、買い取り専門店の見積りを出してもらった方が得する場合が多いといえます。

以上の3つを押さえておくと、新車の見積りアップにきっと役立つはずですので、ぜひ参考にしてください。